アールズミュージックスタジオ

リトミック


リトミック

リトミッククラス

 

レッスン内容 ― 幼児コース

リトミックというと、どうしてもリズム間を感じることばかりが強調されてしまいますが、そればかりがリトミックではないと考えています。

音符の長さを教えるために象さんになって歩こうとか、ウサギさんになって飛び跳ねてみようとか、たいていどこのお教室でもやっているようです。(R’sでも取り入れています。)

ただ、音楽はそれだけではないということを、お母様方、そして、リトミックに携わっていらっしゃる先生方には、わかっていていただきたいのです。
音というのは、空間てきなもので、同じ4分音符でも、重い4分音符、軽い4分音符、遠くに飛んでいこうとする音符、近くに落ちつこうとする音符、さまざまな音符を持った音符があるわけです。
これを、体全部を使って音楽を感じて、表現できるようになろうね!と言うのがリトミック。

動いてみて初めてみてわかること、声を出して初めてわかること、音を出してみて初めてわかることがあります。子供たちがはじめから音楽をしているようにかんじられること、そして、自分の言葉や動きを音や、リズムにのせること(すなわち、アンサンブルにすること)ができたら、音楽はとても自然に子供たちのものになります。

音楽遊びの中で、即興的な部分がたくさん生まれ、自分で色々工夫して、音を探そうという気持ちもでてくるでしょうし、その表現方法を身につけながら、自分の中の欲求が音にできたり、音楽になったりするのだということを、わかっていくのだと思います。
子供たちのそのつぶらな瞳が、「先生、今日は何をして遊ぶんだろう?今日はどんな変な人になってくれるんだろう?」と、期待でいっぱいに輝いた時、毎回毎回、子供たちに新しい発見があるたび、「これだから音楽はやめられない!」と、ますます変な “律子先生!!” になっていくのです。(笑)

2歳児 リトミック 60分
3歳児 リトミック 60分
4歳児 鍵盤グループ60分